スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Network Drive


テストもまぁなんとか山場を越えました。
いや、まだ全然終わってないんですけどねww
8月まで食い込むとかいかほど・・・orz

早くテスト終えて夏休み満喫したーい
夏休みはライヴやら旅行やら楽しみイパーイなんで( ^ω^)


さて、まぁテストもひと段落?ついたんで、またWillcom03弄り始めてますw
Today画面は複数のソフト導入によりデフォとか大分変わりましたー
前の記事でも多少紹介しましたが、自分なりに使いやすくレイアウト。

そして、今日試したのがネットワークドライブの割り当て。
うちのLANの構築図としては、メインPCに外付けHDD1、外付けHDD2の2基が接続してあり、双方ともにLAN内からのアクセスを可能にしてあり、クライアントPCからアクセスできる状態という感じ。
実際メインPCがデスクトップでノートをクライアントとして使っていて家の中のLANが届く範囲なら移動してもネットワークドライブにアクセスできます。
まぁこれをMobilePCをクライアントとしてやってみようじゃないかと。簡単にいうとそういうことですわw

メリットとしては、LAN内に限りますが本体に直接データを書き込むこと無く再生できること。
個人的な使い道としては、これは一例ですが、例えば、夜寝るときに音楽を聴きながら寝たいというときに、MobilePCさえあればネットワークドライブにアクセスして再生できるのです。PCのない部屋でも無線LANが通ってればネットワークドライブにアクセスできるのでなにかと便利ですよ~
あらかじめHDDにMobilePCからアクセスして再生するファイル専用のフォルダなんかを作っておくのもいいかもしれないですね!

MobilePCからネットワークドライブの割り当て方ですが、プリインストールのファイラー、ファイルエクスプローラーでは不可能なので、「GSFinder+ Custom」を導入します。
GSFinder+ Customは多機能ファイラーでこれでほぼ大体の事ができます。必須ソフトといっても過言ではないくらいの代物。

CabファイルをDLし展開してインスコしたらGSFinder+ Customを起動させタブメニューから「ファイル→ツール→ネットワーク接続の割り当て...」にてリモートパス、ローカル名を入力して接続します。(このときは無線LANはONの状態で!!

リモートパス入力例:「\\接続先サーバー又はPC名\接続先ドライブ名」
例「\\euforia\I」みたいな感じ。

ここでいうローカル名はMobilePC上で表示させるネットワークドライブ名となるので自分で管理しやすい名前をつけておくことをオススメします。

GSFinder+ CustomはフリーソフトでWillcom03上でも動作確認取れてます。

GSFinder+ Custom:http://kaguray.hp.infoseek.co.jp/GSFinder-C/
上記サイトからCabファイルをDLできます。


長々となりましたが、これからもどんどん使いやすくカスタマイズしてくぞ~
やっぱりWindowsMobileはカスタマイズしてなんぼですわ( ^ω^)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。